アンプ


アンプはオーディオシステムの中で、微弱な電気信号をスピーカを駆動できるくらいまで増幅する機能を持っています。大きく分けると、プリアンプとメインアンプに分けられます。プリアンプは主に音量調整、音質調整、入力の切り替えなどを行います。メインアンプはスピーカを駆動できるまで電気信号を増幅します。
この他にアナログレコードのMCカートリッジを使用するときには、ヘッドアンプと呼ばれる微弱な電気信号をプリアンプが増幅できるくらいの大きさまで増幅するためのアンプが必要です。(トランスでも代用できます。また、MMカートリッジと同様に、専用の入力端子を持つプリアンプもあります。)
最近ではデジタルアンプを、よく見るようになりました。
デジタルアンプは、アナログ信号をパルス幅変調のデジタル信号に変換して増幅したデジタル信号を、再びアナログ信号に戻してスピーカを駆動します。デジタルアンプは効率が非常によく、音質もいいです。








☆☆☆ おすすめアンプ ☆☆☆



DENON ポータブルヘッドホンアンプ USB-DAC搭載 ハイレゾ対応 プレミアムシルバー DA-10SPEM
ハイレゾ音源をさらに原音に近づける「Advanced AL32 Processing」を内臓。
再生周波数範囲:2Hz~96kHz
周波数特性:2Hz~50kHz(-3dB、DSDモード、PCMサンプリング周波数:192kHz)
周波数特性:2Hz~20kHz(PCMサンプリング:44.1kHz)
高調波歪率:0.003%(1kHz、可聴帯域)
ヘッドホン出力:40mW+40mW(32Ω、1%歪み)
ヘッドホン出力:18mW+18mW(600Ω、1%歪み)
ヘッドホン出力(FIXED):700 mV


ヤマハ プリメインアンプ 全段バランス伝送採用 A-S2000

製品の特徴:
メーカー型番 : A-S2000(S)
定格出力 : 90W+90W/8Ω、150W+150W/4Ω
実用最大出力(JEITA) : 120W+120W/8Ω、190W+190W/4Ω
音声入力 : 6系統(XLR1、RCA4、フォノ〔MM/MC〕1)
音声出力 : 2系統(プリアウト1、レックアウト1)
オーディオにウルサイ人でも満足できる素性の良さが特徴です。
特にクラッシックの再現性は秀逸で、コンサート会場の前列で聴いている雰囲気を再現できる能力は優れています。
総じて高い再現性はやはり、クラシックとジャズに向いています。


marantz プリメインアンプ シルバーゴールド PM-8004/FN

電流帰還型プリアンプ、電圧/電流変換回路には、最新型高速アンプモジュールを採用しています。
一般的なオペアンプを遥かに上回る、スルーレートによってアンプのハイスピード化を実現。

定格出力: 70W+70W (8Ω、20Hz-20kHz)
定格出力: 100W+100W (4Ω、20Hz-20kHz)
付属品: リモコン、単4乾電池×2、電源コード、取扱説明書
入出力端子: フォノ入力端子(MM)×1、ライン入力端子×3、テープ入出力端子×2、プリアウト×1、パワーダイレクト×1 スピーカー出力2系統(A、B)
周波数特性: 5Hz~100kHz(±3dB)


TEAC マイクミキシング機能付プリメインアンプ A−R630

差動入力ディスクリートプリアンプを採用して、ナチュラル感とパワフル感の両立を実現しました。
FET差動入力3段ピュアコンプリメンタルディスクリートパワーアンプ搭載
定格出力 90W+90W(1kHz、4Ω、T.H.D 0.5%)
60W+60W(1kHz、8Ω、T.H.D 0.5%)
全高調波歪率 0.02%(1kHz、8Ω、45W)
TEAC A−R630のスペック
トライオード 真空管式ステレオ・プリメインアンプ TRV-88SE

迫力のあるバスドラムとベース、切れの良い中音域、臨場感のあるボーカル、立体的で臨場感が漂う音質です。

トライオード TRV-88SEのスペック
LUXMAN(ラックスマン) 純A級動作プリメインアンプ L-550AX

L550AXは甘くてリッチな伝統のラックストーンを継承しています。
基本的には、周波数レンジを欲張らずいわゆるかまぼこ形の聞きやすいバランスに仕上げられているが、音の広がり(立体感)と楽器の音色の再現性(色彩の鮮やかさ)には非常に優れています。

ラックスマン L-550AXのスペック
DENON プリメインアンプ PMA-390RE
色: プレミアムシルバー
Advanced HCシングルプッシュプル回路
ダイレクトメカニカルグラウンドコンストラクション
信号によってレイアウトを分離させたS.L.D.C.
本体サイズ : 幅434×奥行き308×高さ121mm
本体重量 : 7.1kg
定格出力 : 50W+50W (8Ω、20Hz-20kHz)
実用最大出力 : 100W+100W (4Ω、1kHz、JEITA)
消費電力 : 200W 待機電力 : 0.3W
周波数特性 : 5Hz~100kHz(0~-3dB)
スピーカー端子 : AorB(負荷4Ω~16Ω)、A+B(負荷8Ω~16Ω)
付属品 : リモコン(RC-1173)、単4乾電池×2、取扱説明書
オンキヨー プリメインアンプONKYO A-9000R-S

新回路「DIDRC」を開発。MHz帯までの圧倒的な増幅性能に優れ
ノイズレベルも人間の聴覚の限界値(およそ-120dB)よりも遥かに低い-140dB以下に抑えられた画期的な回路です。
定格出力:75W/8Ω/140W/4Ω
再生周波数帯域:10Hz〜100kHz
アナログ入力:4系統 アナログ出力:2系統

オンキョー  A-9000R-Sのスペック
ONKYO プリメインアンプ A-973(S) シルバー

デジタルオーディオ機器固有のスパイクノイズを根絶する特許技術を採用。 上質のサウンドが、今よりもっと身近になります。
定格出力 : 40W+40W(8Ω、1kHz、0.5%以下THD)
実用最大出力 : 85W+85W(4Ω、JEITA)
全高調波歪率 : 0.08%(1kHz、1W出力時)

オンキョー  A-973(S)のスペック
Pioneer 2ch インテグレーテッドアンプ A-A9MK2

小音量でも繊細な表現力
パソコンと接続可能なUSB端子を搭載
フォノイコライザー搭載(MM/MC)
定格出力:55W/8Ω/70W/4Ω 対応インピーダンス:8Ω/4Ω
再生周波数帯域:5Hz〜100kHz
アナログ入力:4系統 アナログ出力:2系統

パイオニア  A-A9MK2のスペック
Pioneer A-D3 (ゴールド)

高音質化と高品位の音場再現を追求。
ダイレクトエナジーMOS採用。
最大出力(両チャンネル駆動/4Ω)/*100W+100W
定格出力/70W+70W(20Hz〜20kHz、0.2%、4Ω)
45W+45W(20Hz〜20kHz、0.1%、8Ω)
*JEITAの測定による

パイオニア A-D3のスペック


その他のオーディオ真空管アンプの詳細/ご購入はここをクリック

その他のオーディオアンプとチューナの詳細/ご購入はここをクリック


posted by audioman at 10:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


|ネットショップ 安富利屋| ソフトリンク| ハードリンク| オーディオマニア| ミュージックショップ| 資格取得情報| 仕事情報| 買取ショップ| 人気商品情報| 防犯グッズ販売| FXの館| 中古車ショップ| メンズファッション| サプリメント情報| ダイエット情報| 英会話| 保険情報| 自動車保険| カード情報| 金融情報| 本屋| 在宅ワーク情報| ゴルフ情報| ガーデニング情報| 文房具情報| ゲーム情報| カーグッズ| 自動車情報| 中古パソコン販売| 激安ネットショップ| 激安通販ショップ ネットライフ|


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。